私たちの土地
時間、日々、思考の芳香…
川は語り、

土は学ぶ。

粘土質と石灰岩質の土壌で、鉄、カリウム、その他のミネラルが豊富なバルデコボスは、リベラ・デル・ドゥエロの最も貴重な内陸部の渓谷で生産しています。春や秋の霜もあまり厳しくなく、果実を完熟させる日光が得られます。ブドウ園では有機肥料や処理を必要としません。

リナヘ・ガルセアのワイナリーの隣はブドウ園の第2区画で、ドゥエロ川と並行してアランダの境界に達します。土壌は最も湿潤で有機物が豊富 ですが、厳しい気候にも晒されています。そこには手厚いケアが必要なブドウ園があり、特別な手入れが施されています。さらに特筆すべきは、水が容易に流出するために水路を設けて根に行き渡るようにし、少量ながらも高品質のブドウを実らせていることです。キニョネラは水気のない厳しく不毛の土地ですが、粘土質でミネラルに恵まれ、小粒で実が詰まったブドウが実ります。私たちの未来を描き始めるセンセーショナルなブドウです。
自身と家族の計51ヘクタールのブドウ園は、すべて私たちが管理し、樹齢45年に達するものもあります。本数は1ヘクタールあたり3,000本未満で、私たちのワインを許可する原産地呼称管理委員会が許容する4,000本を大幅に下回っています。これはブドウ園の良好な分布と生産の管理を徹底するためのものです。

四季を五感で感じる

ブドウ園は生き物です。あなたが愛せば愛情を返してくれます。だから1口のワインは結果としてオンリーワンのギフトになるのです。冬、ブドウの木は休みます。私たちは将来のために3本を残して剪定し、霜の時期には2本を残します。霜に耐えることは土壌には良くても植物にとっては危険性がありますが、試みはうまくいっているようです。

春、生命の最初の形跡が園内で見つかります。残った枝や葉にスクロースを行き渡らせるために再び剪定し、ブドウが実るように強化します。
夏の間、成長はできるだけ自然に任せ、除草剤の使用を避けて生産者が雑草を除去します。

秋になり、果実がたわわに実ると、ブドウの刈り取りを2回行います。そうです!ブドウをより小粒で高品質な生産物にするためにです。それを2回行うことで、植物に急激な刈り取りによる脅威を感じさせることなく、代謝を自然に調整させるようにしているのです。そして秋には収穫が欠かせません。1年間の作業の報酬はさらに多くの作業を伴います。家族にとってはむしろ重要な正念場でもあります。ワインになるブドウを選別し、常に手作業で摘み取り、その鼓動を感じ、成熟した最適なものだけを選びます。時には暑さのせいで未熟なまま発酵が始まらないように夜に作業することもあります。そして洗浄したブドウをワイナリーで最大12~20キロの箱で丁寧に積み上げ、監視して劣化を防止できるようにします。

知識と魔法、

時間とオーク。

ワイナリーに到着したブドウは、さらに選果されて茎を取り、15,000リットル未満のスチール製タンクで数日間寝かせ、少量のマセラシオンで各果実から最高のものを抽出します。

2時間で、すでに最高のロゼになることが知られているブドウ100%の赤い果汁が抽出されます。残った果皮はクリアンサとレセルバとして厳選され、熟成させて仕上げます。
赤ワインのこの最初の段階でのブドウのマセラシオンはエントリーワインで5~7日、プレミアムワインでおよそ9日になります。この時点でブドウ自体から、私たちが天然酵母を果皮に付けて発酵を始めるのに必要なものが出てきます。
沈殿物の中で起きていることに常に注意し、こまめに手作業で取り除いて上部に残る果皮(「ハット」)の鮮度を保ちます。底にたまった発酵果汁は1日に4回かき混ぜます。こうすることでワインの均質性が向上し、ブドウの発酵による芳醇さを余すことなく引き出すことができます。
アルコール発酵と手動加圧、ブドウ自体の成分で活性化するマロラクティック発酵の後、私たちのワインのナチュラルでヘルシーな特性が円熟を迎えます。
ワインの不純物を取り除くと、私たちの場合は常にフィルターなしで、オークの樽で寝かせます。樽の産地はアメリカのケンタッキーとミズーリ、フランスのヴォージュとアリエ、さらにはハンガリー産やスペイン産もあります。樽で3~5か月。6~8のセレクテッドハーベストおよびボトルで数か月。クリアンサは監理審議会の規定によりボトルで12か月、さらに追加で2か月。12 か月または14か月で完成です。レセルバは樽で16か月、ボトルで20か月を要します。

私たちのワインはD.O.リベラ・デル・ドゥエロ産です。


ワイン